last update 2015/03/30


1. Gomi H, Solomkin JS. Re: reply to Response to re: TG13 antimicrobial therapy for acute cholangitis and cholecystitis. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2014 Feb;21(2):E11.

2. Shahrook S, Mori R, Ochirbat T, Gomi H. Strategies of testing for syphilis during pregnancy. (review). Cochrane Database of Systematic Reviews, 2014, Issue 10

3. Arai Y, Sato Y, Yoshida A, Kawashima H, Kaburaki T, Gomi H. Bilateral endogenous Candida albicans subretinal abscess with suspected mixed bacterial infection. Clinical Ophthalmology 2014; 8:2151-2154.

4. Gomi H, Unuma N, Nakao K, Morisawa Y.: Meningococcal meningitis with meningococcemia: A rare sporadic case in an elderly patient with no history of contact. Japanese Journal of Infectious Diseases, 2015; 68:67-69.

5. Gomi H, Goto Y, Laopaiboon M, Usui, R., Mori, R. Routine blood cultures in the management of pyelonephritis in pregnancy for improving outcomes (Protocol). Cochrane Database of Systematic Reviews (review). Cochrane Database of Systematic Reviews (in press).


1. 矢野晴美:TG 13出版—Tokyo Guidelines 2007をほぼ全面改訂する理由、改訂過程の問題点 胆道炎抗菌薬治療の国際的な特徴と推奨診療 日本腹部救急医学会雑誌 2014;34:653-658.

2. 鵜沼直穂子, 矢野晴美, 三鴨 廣繁, 大曲 貴夫, 木村 利美, 細川 直登:抗菌薬治療に難渋したListeria monocytogenes髄膜炎の一例 日本化学療法学会雑誌 2014;62:217-221.

3. 発熱、右足の発赤・腫脹を主訴とする70歳代男性
      発表者:梶田明裕, 笠原 敬
      コメンテーター:青木洋介, 三鴨廣繁, 笠原 敬, 高倉俊二



1. Ishiguro H and Gomi H.: Chapter 110, Neutropenic fever. Part 17, The assessment and management of effects of medical treatments. In Textbook of palliative care medicine and supportive care. 2nd edition. Bruera E, Higginson I, van Guten CF, Morita T (eds), Boc Ralton, Florida, 2015, CRC Press, Taylor & Francis Group, 2015, p. 1097-1102. (2014年度内)




1. Gomi H: Challenges towards a rapidly aging society: Educational reform in Japan. 1st Trakya Medical Days. International Scientific Conference, Plovdiv, Bulgaria, May 22-24, 2014.

2. Gomi H.: Past, present, and future of the management of acute cholangitis: Focusing on antimicrobial therapy. The 2014 Sumer Meeting of the Taiwan Surgical Society of Gastroenterology. Kaohsiung, Taiwan, July 12, 2014.


1. Gomi H. Perspectives for medical education in English: Needs analysis and perceptions in a non-native English speaking country. 11th Asian Pacific Medical Education Conference (APMEC), Singapore, 2014

2. Gomi H, Takada T, Kiriyama S, Yokoe M, Miura F, Tsuyuguchi T, Higuchi R. Updated epidemiology for acute cholangitis by Tokyo Guidelines 2013 severity assessment. European Society of Clinical Microbiology and Infectious Diseases (ESCMID), Barcelona, Spain, 2014

3. Gomi H. Needs analysis to implement medical education in English: A case study of a two year experience with voluntary seminars. International Session, 46th Japanese Society for Medical Education, Tokyo, Japan, 2014

4. Gomi H, Verstegen D, Dornan T. Adaptive questioning in workplace learning: A scoping review to develop a conceptual framework. Association for Medical Education in Europe (AMEE), Milan, 2014

5. Sugihara M, Gomi H. Perceptional changes on graduate entry medical education in Japan: A case study on a series of symposiums towards national consensus. Association for Medical Education in Europe (AMEE), Milan, 2014


1. 矢野晴美: ICTが知っておきたいガイドラインのエッセンス 胆道炎、モーニングセミナー、第29回日本環境感染学会, 東京 2014.

2. 矢野晴美:ケーススタディ (司会), 第30回日本化学療法学会抗菌薬適正使用生涯教育セミナー, 福岡, 2014.

3. 矢野晴美, 笠原敬:感染症診療のクリニカル・パール Basic course (コースデザインおよび司会)第88回日本感染症学会/第62回日本化学療法学会総会, 福岡, 2014.

4. 矢野晴美: 入院患者の発熱の考え方 第33回、日本化学療法学会抗菌薬適正使用生涯教育セミナー,東日本合同学会・日本化学療法学会抗菌薬適正使用生涯教育セミナー, 東京, 2014.

5. 矢野晴美:教育講演1「グローバル化する感染症アップデート」栃木県医師会 第54回栃木県総合医学会, 宇都宮, 2014


1. 矢野晴美: ケーススタディを用いた実践的な感染症の臨床前教育、シンポジウム「低学年からの重要症例ベース臨床・基礎統合教育の展開を各分野実践事例から考えるー情報爆発時代の全医学生に医学教育の質を保証するためにー」第46回医学教育学会総会, 和歌山、2014

2. 矢野晴美:「ブドウ球菌用抗菌薬の現状と対応」 シンポジウム8 第26回日本臨床微生物学会, 東京、2015 (2月、2014年度内)




1. 矢野晴美: 抗菌薬はどのように選択し、どのように投与(投与経路、1回投与量、投与回数)するか (分担) Surviving ICU シリーズ 「敗血症診療がわかる」 p. 84-89, 羊土社, 東京2014

2. 矢野晴美: 抗菌薬概論(分担) 初期対応からわかる! 治療薬レジデントマニュアル, p. 702-716, 羊土社, 東京, 2014

3. 矢野晴美:12章医療関連感染症@(医療関連感染)(分担), 感染症と生体防御 放送大学教材 p. 208-224, 放送大学教育振興会, 東京, 2014

4. 矢野晴美:13章医療関連感染症A (感染経路別感染対策と職業感染予防) (分担), 感染症と生体防御 放送大学教材 p. 225-243, 放送大学教育振興会, 東京, 2014

5. 矢野晴美:腸管出血性大腸菌感染症 (分担) 今日の治療指針2014版 私はこう治療している p. 203-204, 医学書院 2014.

6. 矢野晴美:歯科領域における抗菌薬総論 (分担)歯科におけるくすりの使い方 p. 10-13, デンタルダイヤモンド社 2014

7. 矢野晴美:歯科におけるペニシリン系薬の役割 (分担)歯科におけるくすりの使い方 p. 48-53, デンタルダイヤモンド社 2014

8. 矢野晴美:脳炎 (分担) 感染症診療update, 日本医師会雑誌第143号・特別号(2)河野茂、跡見裕監修、岩田敏、岩本愛吉、大曲貴夫、齋藤明彦、竹末芳生(編集 p. S84-85. 日本医師会, 2014

9. 矢野晴美:法定伝染病と感染症法 (分担)周産期感染症2014 周産期医学2014 vol. 44増刊号 p. 8-10. 東京, 東京医学社 2014

10. 矢野晴美:不明熱 (分担)今日の治療指針2015版 私はこう治療している  p. 246-247, 医学書院 2015.

11. 矢野(五味)晴美: 抗菌薬関連腸炎 b. Clostridium difficile感染(CDI) (分担), 消化器疾患最新の治療 2015-2016, 菅野健太郎, 上西紀夫, 小池和彦編, PP. 188-190, 南江堂, 東京, 2015.


1. 矢野晴美:急性胆管炎の抗菌薬療法 胆と膵 2014;34:1237-1242.

2. 矢野晴美:ペニシリン系薬剤 救急医学 2014;38:177-180.

3. 矢野晴美:抗MRSA薬の特徴とMRSA肺炎の治療戦略 薬局 2014;65:2083-2088.

4. 矢野晴美:胆道感染症に関するガイドライン 特集 感染症ガイドライン 感染症内科2014;2:505-509.

5. 矢野晴美:13章 58. 結核 各科専門医が教える診断のカギ?臨床推論で常に意識すべきポイント?レジデントノート増刊号 2014;16:14:156-157. 羊土社

6. 矢野晴美:13章 60. 百日咳 各科専門医が教える診断のカギ?臨床推論で常に意識すべきポイント?レジデントノート増刊号 2014;16:160-161. 羊土社